Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます.

コンテンツを見る

天体と音楽PR

2019年8月京都国立博物館平成知新館講堂にて

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます.

コンテンツを見る

ー地球を知ろう第2弾ー「月の砂漠」

2021年3月京都国立博物館平成知新館講堂にて
巨大ディジタル地球儀「ダジック・アース」をバックに、気象予報士 前田智宏による天気や惑星、環境の解説と、それにまつわる音楽演奏とをカップリング。この回では、ウサギの餅つきなどに見えているところは、「月の海」と呼ばれるもので、水ではなく、かつてはマグマを抱いていたことや、地球からは決して見えない月の裏側も紹介。4:55から内藤陽子が《月の沙漠》をチェロ独奏。 

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます.

コンテンツを見る

ー地球を知ろう第2弾ー「彼方の光」

2021年3月京都国立博物館平成知新館講堂にて
国際宇宙ステーション(ISS)など、宇宙から見たオーロラを紹介。地球から見えるカーテン状の姿と大違い。4:47から《いのちの歌》などで有名な村松崇継作曲《彼方の光》をあんさんぶる そら(宙の意)が演奏。 

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます.

コンテンツを見る

ー地球を知ろう第2弾ー「春」

2021年3月京都国立博物館平成知新館講堂にて
気象衛星ひまわりから送られてきた、地球を取り巻く雲の様子や、春の気象の特徴について紹介。5:52から青木優佳が春らしい、ベートーヴェン作曲《スプリングソナタ》をヴァイオリン演奏。伴奏は音田真陽。 

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます.

コンテンツを見る

ー地球を知ろう第2弾ー「Earth」

2021年3月京都国立博物館平成知新館講堂にて
地球の街明かりが1992年から2022年の20年間にどのように変化したかや、国際宇宙ステーション(ISS)から見た大気光によっても街明りを確認。5:30から青木優佳がヴァイオリンで、村松崇継の名曲《EARTH》を演奏。伴奏は音田真陽。

 

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます.

コンテンツを見る

ー地球を知ろう第2弾ー「木星」

2021年3月京都国立博物館平成知新館講堂にて
木星の大気の動きを紹介。3:06からラグビー・ワールドカップ・テーマ曲《ワールド・イン・ユニオン》を音田真陽がピアノ独奏。6:00からその原曲であるホルスト作曲『惑星』より《木星(中間部のみ)》をあんさんぶる そら(宙の意)が演奏。 

 

 

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます.

コンテンツを見る

ー地球を知ろう第2弾ー「宇宙戦艦ヤマト」

2021年3月京都国立博物館平成知新館講堂にて
1970年代に社会的現象を巻き起こした「宇宙戦艦ヤマト」を紹介。物語世界で、ヤマトが立ち寄った「火星」「木星」「冥王星」を取り上げて、虚構と真実を紹介。6:20から、テーマソングを田中純(京都女子大学 元教授 バリトン)が熱唱。伴奏は、あんさんぶる そら(宙の意)。

 

 

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます.

コンテンツを見る

ー地球を知ろう第2弾ー「太陽エネルギー」

太陽の爆発フレアを紹介。2:26から寺尾茉由子が、田中カレン作曲『地球』より《太陽エネルギー》と《生命の水》の音楽解説とピアノ独奏。 

 

 

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます.

コンテンツを見る

ー地球を知ろう第2弾ー「プレイアデス舞曲」

 古の昔より人々が愛でてきた昴(プレアデス)を紹介(後日前半もアップ予定)。4:22から音田真陽が、吉松隆作曲『プレイアデス舞曲集 第Ⅱ集』 Op.28より 《3. 線形のロマンス》 《4. 鳥のいる間奏曲》 《5. 断片的な舞曲》 《7. 積極的なロンド》の音楽解説とピアノ独奏。